HOME >  北海道のコンクリート構造物 > 橋梁構造物 >  新空知大橋(A橋)

橋梁構造物

新空知大橋(A橋)

写真提供:北海道土木技術会コンクリート研究委員会委員

構造物名 新空知大橋(A橋)
構造形式 A橋:ポストテンション方式PC方杖ラーメン橋
B・C・D・E橋:ポストテンション方式(3+2+3+2)径間連続箱桁橋
目的 (English)  
構造諸元 橋長677.0m
A橋:支間22.5m+30.0m+22.5m、脚傾斜角26°
B橋:支間3@48.5m、、C橋:支間2@45.5m、D橋:支間80.0m+107.3m+80.0m、E橋:支間2@45.5m
事業者 (English)  
発注者 北海道開発局 札幌開発建設部
設計者 (株)構研エンジニアリング
施工者 A橋:大林・安田・福津共同企業体
所在地

砂川市

路線 国道12号線
水系/河川 (English)  
完成年 上り線:1993年(平成5年)、下り線:1990年(平成2年)
写真提供 (English)  
その他 (English)  
概要

 新空知大橋は、国道12号滝川バイパスが空知川と交差する箇所に位置する、全長677mの長大橋梁である。そのうち、最も起点側のA橋は、滝川水郷公園を跨ぐPC橋である。橋種は公園内の橋梁であることから、景観性及び河積阻害等の条件を踏まえ、スレンダーなプロポーションであるPC方杖ラーメン橋が採用された。主桁断面は経済性から中空床版とした。方杖脚の支持にはピン支承を使用しており、その傾斜角は河川の水位に対する条件から26°としている。施工はPC方杖ラーメン橋で一般的な、固定式支保工を設置し行った。

引用文献:(English)   
PAGETOP