HOME >  北海道のコンクリート構造物 > 道路構造物 >  清田団地75号線擁壁新設工事(H型PC杭)

道路構造物

清田団地75号線擁壁新設工事(H型PC杭)

写真提供:杉原建設(株)

構造物名 清田団地75号線(清田344番地先)擁壁
構造形式 PC擁壁(H型PC杭)
構造諸元 擁壁延長 163m 擁壁高 4.5~9.3m
(杭長 10.0~16.0m 杭厚 540mm 使用本数 152枚)
事業者 札幌市
設計者 (株)構研エンジニアリング
施工者 杉原建設(株) (H型PC杭製造・施工:(株)ピーエス三菱)
所在地

札幌市

完成年 2010年(平成22年)
概要

 本工事においては、用地の制約上、従来工法である補強土壁、場所打ち擁壁等の施工が不可能な場所であった。また、PC矢板では、適用される壁高は通常5m程度までであることから、用地境界の内側から施工が可能で、9m程度の壁高まで適用可能であり、土留めを兼ねた本設構造物とすることが出来るH型PC杭が採用された。

 H型PC杭の施工は、2軸オーガスクリューを装着した三点式杭打ち機により中堀り杭工法に準じて行った。圧入工法のため低騒音、低振動で施工でき、また、本設工が仮設工を兼ねるため工期の短縮も可能となった。

PAGETOP